Mozilla 商標ポリシー

更新日: 2009/10/30

Mozilla 商標一覧

Mozilla の商標の 完全な一覧 をご覧ください。他にも商標が作成、登録された場合、この一覧は更新されます。このポリシーで用いられている「商標」とは、Mozilla のロゴに限らず、同団体の様々な製品やプロジェクトの名称、Mozilla や Mozilla.org といった名称、さらにワードマークと呼ばれているものも含まれます (総称して「Mozilla マーク」と言います)。

はじめに

このドキュメントでは、Mozilla マークを使用するにあたっての Mozilla Foundaiton (略して「Mozilla」) のポリシーの概略を述べます。Mozilla 商標を使用するにあたっては、いかなる場合でも必ずこのポリシーに従わなければなりません。Mozilla の商標ポリシーに従わない、もしくは Mozilla から書面での許可を得ていない使用は一切認められません。Mozilla マークの使用によって生み出された信用は Mozilla の利益のために効力を生じます。

Mozilla の商標ポリシーでは、拮抗する二つの利害関係の間でバランスを取ろうとしています。つまり、品質、出所、セキュリティの信頼できる証として Mozilla マークが機能し続けるようにする Mozilla 側の必要性と、コミュニティのメンバーやソフトウェア・ディストリビュータ、Mozilla が共に作業をしている他の組織が Mozilla について言及し Mozilla との提携関係を正確に説明できるようにしたいという Mozilla 側の希望です。多くの組織にとって、特にその組織の製品が電子的に配布されているような場合は、適切なバランスを保つのは容易なことではなく、日々模索している状態です。私たちはここでそのバランスを取ろうと試みてきました。

私たちの商標ポリシーは、商標に関する一般的な法律に立脚しています。商標は、製品の出自を消費者が確認したり、製品の出自を組織が宣伝したりできるようにするために存在します。ある組織は他の組織よりも優れた製品を送り出しています。そして、時と共に、消費者はそうした組織 (ならびにその組織の商標) と品質とを結び付けて考えるようになります。そのような組織が、品質の劣る製品を送り出す他者に自分たちの商標の利用を許してしまうと、消費者からの信頼は瞬く間に消えてしまいます。これは、まさに Mozilla が避けたいと考えている状況です。私たちの名称や製品に対する人々の信頼は、私たちにとって極めて重要です。特に、ソフトウェアのような形のない製品になると、消費者にとって製品を選ぶ際の決め手となるのは信頼のみになるからです。私たちは、Mozilla のコミュニティメンバーから置かれている信頼の管理人でもあります。私たちは、Mozilla マークに対する公共の信頼とコミュニティの信頼の双方を守るために、この商標ポリシーを作成しました。

さらに、私たちは、他の製品やサービスの販売を促進するために Mozilla マークを利用して Mozilla Firefox ブラウザを販売していたり、Mozilla マークの改変版を使用している Web サイトに関する 報告 を非常に頻繁に受け取っています。これらの活動に関する問題点が何かといえば、それが詐欺行為であったり、ユーザに危害を加えたり、消費者に混乱を来したり、Mozilla マークの独自性や意義を脅かす可能性があるということです。それらのケースは、善意に基づきつつも商標の使用が不適切なもの (例えば過度に熱心なファンなど) から、高度に組織化された手法でユーザをだまし、操り、金銭などを盗み取るという明確な意図を持って、自分たちの利益のために、もしくは製品の改変版を配布するために、故意にブランドを利用している人たちまで、多岐にわたります。私たちは、そうした活動に関する報告を受け取ったり、問題のある活動を特定した場合は、報告を分析し、問題の意図や重要性に基づき、それぞれのケースを個別に扱います。

Mozilla では、この商標ポリシーを作成するにあたり、私たちが合法と考える Mozilla マークの用法と、そうでない用法を明確化しようと試みました。Mozilla の商標ポリシーは、補助資料も含めて多くの具体的なルールから成り立っていますが、そのほとんどは、Mozilla マークを利用するにあたって混乱を来さない (non-confusing)、そして名誉を汚してはならない (non-disparaging) という包括的な要求を反映しています。混乱なくとは、人々が誰を相手にしているのか、ダウンロードしているソフトウェアがどこから送られてきているのかを常に知ることができるということです。Mozilla 以外によって作成された Web サイトおよびソフトウェアは、直接的または省略的にも、同団体によるものだとほのめかすことがあってはなりません。名誉を汚すことなくとは、フェアユースの範疇を超えて、私たちを中傷したり、名誉を傷つけたりする手段として、Mozilla マークを使ってはならないということです。こうした基本的な要求は、あなたが本ポリシーを読み進んでいく上でのガイドとなってくれるでしょう。

私たちの商標ポリシーは、印刷物における Mozilla マークの使用にあたっての全般的なガイドラインを解説することからはじまります。次に、Mozilla のバイナリを配布するにあたっての Mozilla マークの使用、Mozilla の Web サイトへのリンク設定、そしてドメイン名における Mozilla マークの使用を含め、より具体的なトピックについて解説します。その時々において、本ポリシーから私たちのポリシーについてより詳しい情報を含む外部のドキュメントにリンクが張られています。

私たちはまた、本ポリシーの補助資料として、商標ポリシーに関する FAQ [和訳] も用意しています。

印刷物および Web サイトのための包括的ガイドライン

私たちは、マーケティング活動や、その他 Mozilla についての、もしくは関連する Mozilla 製品の宣伝資料に Mozilla マークを使用することを奨励しています。こうした活動には、個人または団体が Mozilla 製品を出荷しているという表現を用いた広告も含まれます。もちろん、どのようなかたちであれ Mozilla 商標を使用するにあたっては、商標の使用が混乱ないものでなければならないという包括的な要求に従っていなければなりません。そのため、実際にはローカライズプロジェクトのために募金活動をしているのにもかかわらず Mozilla のために募金活動をしていると謳ったり、あるいは、実際には Firefox の改変版を批評もしくは配布しているのに Mozilla Firefox インターネットブラウザを批評、配布していると言ったり、あなたの書籍の表紙やあなたの製品パッケージに Mozilla ロゴを使用してはいけません。

Mozilla マークの使用は多くの場合、後述するより具体的なルールによって統括されていますが、マーケティング活動、記事、その他の広報関連の媒体、および Web サイトを含めた印刷物における、ほとんどあらゆる Mozilla マークの使用に関しては、次の基本ガイドラインが適用されます。

ソフトウェアの配布

変更のないバイナリ

準拠法に順じている限り、www.mozilla.com あるいは www.mozilla.org からダウンロードした変更のない公式バイナリ (例: 各プラットフォーム向けにダウンロード可能になっているインストーラファイル (コードと設定) などで、プログラムの実行ファイルではありません) を、Mozilla から更なる許可を得なくとも、誰に対しても配布することができます。Mozilla マークを使用した、変更のない公式バイナリを配布されたい場合は、この商標ポリシーに従い、改変せずに配布する限り、Mozilla から特に許可を得る必要はなく、自由に配布できます。ただし、Mozilla マークを含め、公式バイナリのいかなる部分も削除または変更してはなりません。配布者は、Web サイトあるいはその他の物品において、提供しているソフトウェアが Mozilla アプリケーションの未変更のものであることを忠実に記載しなければなりません。その際は、上で述べた、印刷物における Mozilla マークの利用に関する総合的なガイドラインに留意してください。Web サイトへの訪問者に対して Mozilla 製品をダウンロードする機会を提供する場合は、ダウンロードをより速く確実なものとするため、私たちのサイトへリンクを張る形を取ることをお勧めします。(後述の「リンク設定」を参照してください)

Mozilla バイナリをご自身で配布される場合は、最新の安定版を提供しなければなりません (もちろん、あなたもそうしたいと希望していると思います)。Mozilla の未変更のソースコード (インストーラ内のコードと設定ファイルを含む) をコンパイルし、それに対して課金しない場合は、あなたがコンパイルしたバイナリで関連する Mozilla マークを使用するにあたって Mozilla から追加の許可を得る必要はありません。その場合、ユーザが最新のコードとセキュリティ更新を受け取れるよう、常に最新の公式リリースを提供するよう推奨します。私たちのバイナリは Mozilla Public License [参考訳] の告知要件を満たしているので、ソースコードをバイナリに同梱するのは良いアイディアではありますが、必要ではありません。

また、Mozilla のバイナリをご自身で配布され、Mozilla マークを使用されたい場合は、(a) Mozilla 製品に含まれるインストール機構を無効化、変更、干渉すること、(b) そうしたインストール機構を使用して、プラグイン、テーマ、拡張機能、ソフトウェア、あるいは Mozilla 製品ではないアイテムをインストールすること、(c) 何らかのプログラム、機構、プロセス (Mozilla 製品に含まれるインストール機構ではないもの) を使用もしくは提供して、そうした製品をインストールすること、を禁止します。メタインストーラの使用は、書面による事前の許可が必要です。

ご自身が配布される未変更のバイナリに Mozilla マークを使用される場合、その製品に課金してはなりません。課金しないことにより、Mozilla 製品が無償であること、そのディストリビューション (ダウンロード、その他のメディアのいずれについても) に料金が掛からないこと、サービスの購読や購入、もしくは個人情報の収集に結び付かないことを意図しています。製品を販売されたい場合は、そうされることも可能ですが、その製品を、Mozilla やその他の Mozilla マークとは関係ない、別の名称で呼ばなければなりません (後述の「変更」と「関連ソフトウェア」を参照してください)。私たちがユーザの混乱を来したくないということを思い出してください。

公式ローカライズリリース

Mozilla がローカライズ版 (例: Mozilla Firefox) を配布していない地域では、Mozilla からの承認を受けたローカライズチームは、Mozilla の商標を使用した Mozilla 製品の公式ローカライズ版を認定、配布できます。ローカライズチームおよび公式ローカライズリリースは Mozilla プロジェクトの代理となるものなので、厳密なガイドラインを遵守することが求められています。より詳しくは、Mozilla の Trademark Policy for Localization Projects (和訳:ローカライズプロジェクトに関する Mozilla 商標ポリシー) をご覧ください。

コミュニティエディション

このプログラムに対するニーズは他の形で対応されてきました。Mozilla は確立したローカライズ (l10n) プログラムを提供しており、コミュニティで Firefox のローカライズ版を作成するためにコミュニティエディションビルドが利用されることもなくなりました。現在すべての l10n 作業は公式の Firefox リリースに取り込まれており、コミュニティエディションプログラムのニーズは打ち消されています。2009 年 4 月 7 日以降、新たなビルドはコミュニティエディションプログラムの下で許諾されなくなりました。2009 年 4 月 7 日以前に作成、配布されたすべてのコミュニティエディションビルドと、認められた変更点 は、今後も「コミュニティエディション」として配布されるでしょう。これらの古いビルドに関しては、長年採用されてきたポリシー への変更はありません。

変更

Mozilla の製品のオープンソースとしての特性を最大限に生かし、機能面で大幅な変更を施したい場合は、その成果を配布する際に Mozilla による事前の書面による許可なく Mozilla 商標を使用してはなりません。例えば、あなたが改変した製品が Firefox であった場合、その製品名に Mozilla や Firefox の全部もしくは一部を使用してはなりません。また、「Mozilla Firefox ベース」と表現するのは適切ではありません。代わりに、より正確を期すために、ご自身の実行ファイルを「Mozilla テクノロジーベース (based on Mozilla technology)」または「Mozilla ソースコードを組み込んだ (incorporating Mozilla source code)」と表現することは可能です。また、よろしければ「Powered by Mozilla」ロゴに関する議論をお読みください。

さらに、ブランドを有効にした状態で (私たちのソースコードの標準ではブランドが無効になっています)、上記のように、改変版をコンパイルされたい場合は、Mozilla による事前の書面による許可が必要です。それが www.mozilla.com から入手可能な未変更のインストーラパッケージではなく、しかも私たちの商標を使用したい場合は、その変更点に関する私たちの確認と許諾が必要となります。さらに、変更されたソフトウェアのユーザが正規の Mozilla 製品を使っていると勘違いしないようにするため、実行ファイルの名称も変更しなればなりません。

繰り返しますが、インストーラに含まれているファイルの内容の追加、何らかの形での改変、削除、ファイルの配置の変更、コードの追加、追加と削除を含むソースファイルの改変など、Mozilla 製品に対して行い、なおかつ Mozilla マークを使用したい場合は、私たちの許可が必要です。何か質問がある場合は trademarks@mozilla.com までお問い合わせください。

拡張機能、テーマそしてプラグイン

私たちは、Mozilla 製品の開発にコミュニティの参加を求めると同時に、シンプルで便利なインターフェースを備えた、高品質で軽い製品という評価も守りたいと考えています。例えば標準のスタートページからリンクされた XPI 形式ではなく、標準でインストールされた状態、あるいは Mozilla 製品のインストールプロセスの一部として、拡張機能、テーマ、またはプラグインを出荷したい場合、または Mozilla マークの元で配布を計画している場合は、まず初めに Mozilla からの承認を求めてください。私たちが認証するかどうかは、その拡張機能、テーマおよびプラグインが Mozilla 製品におよぼす効果によります。例を挙げると、ある製品のテーマを他の、同等の高品質で美的にも優れているテーマに変更する場合は、検討されるでしょう。3 つのツールバーを備える 10 個の拡張機能と 7 種類のコンテキストメニュー項目を組み合わせるような場合は、承認されない可能性が高いといえます。ご自身の変更案について議論するにあたっての問い合わせ方法については、パートナーページ をご覧ください。

関連ソフトウェア

Mozilla 製品は拡張できるように設計されており、拡張機能を作成しているコミュニティのメンバーが自らの拡張機能が適合する Mozilla 製品の出自を何らかのかたちで明記する必要がある、と私たちは認識しています。拡張機能に関して私たちが主に関心を持っているのは、消費者が拡張機能を公式 (Mozilla から承認を受けた) か否かを混乱しないようにすることです。この問題に取り組むため、私たちは、拡張機能の名称に、その全体においても部分においても、Mozilla と拡張機能との関連を示唆するようなかたちで「Mozilla」「Firefox」または「Thunderbird」といった言葉を含めないようにお願いします (例:「Firefox 対応 Frobnicator」は許容範囲ですが、「Firefox Frobnicator」は認められません)。

リンク

私たちは、あなたのサイトの訪問者が Firefox や Thunderbird をダウンロードできるようにする目的で、私たちが提供するバナーやボタンを使用し、以下の制限に従って、Mozilla の Web サイトにリンクを張ることを歓迎します。

これは、以下の条件に従う限り使用が認められます。

以下の方法でボタンをカスタマイズすることは可能です。

Mozilla マークは少しでも改変してはならないことに留意してください。これらのバナーやボタンの使用方法が商標ポリシーに違反している場合、その使用は認められません。

最適表示 (Best Viewed With) ボタン - また、私たちは、Firefox と関連して使用される「最適表示」ボタンには賛同も提供もしません。私たちは、Web サイトはあらゆる標準準拠のブラウザで最適に表示されるべきと考えており、特定のブラウザに最適化したサイトの普及を推進するつもりはありません。ただし、何らかの声明を掲載したい場合には、「このサイトは Firefox ブラウザを使ってご覧になってみてください」あるいは「私たちは Firefox ブラウザもしくはその他の標準準拠ブラウザの使用を推奨します」といった表現を使ってください。

ドメイン名

Mozilla の商標、またはその一部をドメイン名の一部としたい場合、Mozilla から書面による許可を得る必要があります。人々がドメイン名とそれによく似た名前をもつ組織とを結び付けて考えるのは、ごく自然なことです。ドメイン名に Mozilla の商標に類似のものを使用することはいずれにしても、ユーザに混乱を招きます。従って、Mozilla の商標は混乱を招いてはいけないという大前提に抵触することになります。もしあなたが、お住まいの地域に向けた Mozilla、Firefox または Thunderbird のプロモーションサイトを構築したい場合、既にある公式ローカライゼーションプロジェクトに参加してください。

書面による許可を得るためには、Domain Name License をダウンロードし、そこにある指示項目に従ってください。

Mozilla ソフトウェアに関連するサービス

Mozilla ソフトウェアに関連するサービスを提供する場合、その Mozilla 製品に関するサービスを説明したり宣伝するにあたって Mozilla のワードマークを使用できますが、商標使用の包括的ガイドラインに抵触したり、あなたの Web サイト、サービス、製品が Mozilla のサイト、サービス、製品である、もしくは Mozilla があなたの組織と直接的な関係を有している、とユーザに誤解を与えるようなことをしないことが条件です。たとえば、「Firefox 向けのインターネットブラウザカスタマイズサービスはここで利用できます」というのは問題ありませんが、「Firefox インターネットブラウザのカスタマイズサービスはここで購入できます」とか、「カスタマイズされた Firefox はここで利用できます」などと言うとすれば、問題になります。なぜなら、前者は Mozilla があなたの商売と関連していることを意味しますが、後者は、カスタマイズしたのはあなたなのか Mozilla なのかが不明確なためです。また、あなたの Web サイトは Mozilla のサイトのデザインをコピーしてはなりません。繰り返しますが、あなたのサイトの訪問者に、相手が誰なのかということについて混乱させたくありません。不明瞭な場合は、より詳細に説明や情報を提供するほうが、足りないよりも間違いが少ないといえます。

If you are offering services for Mozilla software (for example, support), you may not tie the download of the Mozilla product with the purchase of your service. The download of the Mozilla product using the Mozilla trademark may not be connected in any way to the purchase of your service. The purchase, download, or acquisition of your services must be a completely separate transaction from the download of the Mozilla product. You must provide a prominent statement that (i) the Mozilla product is available for free and link directly to our site; (ii) the purchase, download, or acquisition of your service is separate from the download of the Mozilla product; and (iii) your service is not affiliated with Mozilla.

Mozilla マークと商品販売

Mozilla マークに関しては、やっても良い素晴らしいことと、少なくとも Mozilla に確認することなくやってはいけない素晴らしいことがあります。

あなたは、Mozilla マークの付いた T シャツ、壁紙、または野球帽を作成することができます。しかし、これはあなた個人か親しい友人 (見返りとしていかなる対価も受け取らない人) を対象とするに限ります。商業目的で生産する物に対しては (利益を得るかどうかに関わらず)、いかなる物でも Mozilla マークを付けることはできません。少なくとも Mozilla の書面による許可が必要です。Mozilla は、Mozilla 製品を販売しているサードパーティーベンダーと契約しています。これらのベンダーが Mozilla StoreMozilla Community Store を所有、運営しています。Mozilla Store は、Mozilla 製品のロゴが付いた T シャツ、CD、その他の商品を提供しています。Mozilla Community Store は、世界的な Mozilla コミュニティのメンバーによってデザインされたアイテムを提供しています。

Mozilla マークに関してしてはならない追加事項が、ひとつあります。

高解像度コピー - 私たちは現在、追加の条件を必要とするであろう、Mozilla マークのベクターファイルへのアクセスを認める最適な方法を考案している最中です。当面、Mozilla マークの高解像度ファイルを使用する必要がある場合、Firefox および Thunderbird の商標については Mozilla Corporation まで、他の商標については Mozilla Foundation までご連絡いただければ、リクエストに応じます。

やって良いことの要約

To summarize, provided that the use adheres to our trademark policy and visual guidelines, here are some of the things that you can do with the Mozilla Marks that do not require our permission:

商標の不正利用の報告

We have a central place for everyone to report any misuse of the Mozilla Marks. All you have to do is fill out the relevant information on the web form. The more information you supply when you file the report, the easier it is for us to evaluate and respond appropriately. Having the support and help of our community makes our work easier and more worthwhile.

質問

私たちは、自らの商標ポリシーをできるだけ包括的なものにするよう努めてきました。本ポリシーで触れられていない Mozilla 商標の使用を検討しており、その使用方法が Mozilla のガイドラインに抵触してしまうのではないかとお感じの場合は、お気軽に trademarks@mozilla.com までお尋ねください。Mozilla は似たような質問を非常に沢山受け取っていますので、連絡する前に Frequently Asked Questions (FAQ) (和訳:よくある質問) など利用可能なドキュメントにはすべて目を通してください。