現在、当サイト「mozilla.org 日本語版」の和訳文書は更新されておらず、mozilla.org の原文 よりも内容が古くなっている可能性があります。ご不便をお掛けしますが、最新の情報は原文をご確認ください。



プロジェクト

mozilla.org の第一の 目標 は、さまざまな成果を整理・統合することです。ここでは、すべての現在進行中のプロジェクトを紹介します。mozilla.org の CVS サーバでのホストを希望する新しいプロジェクトがある場合は、Mozilla のハッキングガイドライン を読んで CVS アカウントの取得方法や mozilla.org のツリーの運用方法を学んでください。

Browser コンポーネント
SeaMonkey
SeaMonkey プロジェクトとは、かつて「Mozilla Application Suite」として知られたアプリケーションから派生したコードを製品レベルの品質で提供しようという開発努力 であるとともに Mozilla ブラウザのコードネームです。このコードネームには NGLayout/Gecko レイアウトエンジンが含まれ、XPCOM コンポーネントアーキテクチャの上にビルドされています。
ユー ザインタフェース
Mozilla のユーザインターフェースは新しい外観と使用感を備えています。詳細は 利 用可能な UI 仕様のリスト を参照してください。
Editor
Editor プロジェクトは HTML 4.0 に準拠した WYSIWYG エディタの開発に焦点を当てています。Composer は簡単に利用でき、速く、信頼できるものになるように設計され、Web ページの著者がページを手早く編集できるようになっています。Composer はまた、Mail/News 内のエディタでもあります。
インスタントメッセージ & チャット
私たちの目標は、Mozilla で様々なプロトコルを介したインスタントメッセージやチャットのサポートを可能にすることです。このコンセプトの証として、Rob Ginda が ChatZilla と呼ばれる IRC クライアントを書き上げました。
ヘ ルプビューア
ヘルプビューアは独自のブラウザウィンドウで、ユーザ向け資料(そして 他のタイプの資料も?)を読み進むことができます。このヘルプビューアは、インデックス、RDF ベースの目次、HTML コンテント、テーマ変更可能な chrome、コンテキストに応じたデータ読み込みが含まれます。
Java 統合
Open JVM 統合
Open JVM Integration (OJI) プロジェクトは、プラグイン機構を拡張して、Java 仮想マシーンが Mozilla ベースのブラウザリリースに接続できるようにします。
Blackwood
Blackwood プロジェクトの目標は一連の設備を提供して、Java プラットフォームと Mozilla とのより良い統合を目指すことです。これには XPCOM へのブリッジ、Java DOM API、Open JVM Integration (OJI) 設備、Java WebClient API、そして「Pluglets」と呼ばれる Java 内での Plug-ins 実装が含まれます。
JavaScript
JavaScript は Netscape オリジナルのプログラミング言語で、スクリプティング・オブジェクト・システム(HTML、Java、CORBA、独自)向けに設計されており、さまざま なアプリケーションに組み込むことが可能です。これは ECMA-262/ECMAScript(およびそれに続く ISO-16262 標準)仕様の基礎で、Web 上で最も広範囲に使用されているクライアントサイドのプログラミング言語です。C 言語および Java 実装が利用可能です。
Mail/News
Mail/News プロジェクトは、 XPFE、XPCOM および RDF といった新しい mozilla テクノロジをベースにした新しいアプリケーションのアプリケーションの開発に焦点を合わせています。複数の重要な改良点を始め POP、SMTP、IMAP、NNTP に対応した機能をお届けします。
MathML
W3C の Mathematical Markup Language の実装。
Netscape Portable Runtime (NSPR)
NSPR はプラットフォームに依存しない、非 GUI オペレーティングシステム機構を提供します。スレッド、スレッド同期、通常のファイル・ネットワーク I/O、インターバル・タイミング、カレンダー・タイム、基本的なメモリ管理(malloc および free)そして共有ライブラリ・リンキングが含まれます。
Platform for Privacy Preferences (P3P)
W3C P3P 仕様の実装。
プラグイン
Mozilla への Netscape の Plug-in Application Programming Interface (API) の実装。
組 み込み
組み込みプロジェクトは Mozilla ブラウザコンポーネントの簡単な再利用と組み込み可能なブラウザや HTML エディタの提供に焦点を当ています。
Scalable Vector Graphics (SVG)
W3C の Scalable Vector Graphics Language の実装。
Web サービス
Mozilla での Simple Object Access Protocol (SOAP) および Web Services Description Language (WSDL) のサポート。
XBL
XML Binding Language が XUL と HTML の各部を実装するために使用され、Web ページからカスタマイズしたウィジェットを作成できます。
XForms
W3C の XForms 1.0 勧告の実装を目標としています。
XML Extra
XML Extra モジュールでは、Microsoft からコピーされた XMLHttpRequest オブジェクトのような、メインライン XML 基盤の一部ではない XML 機能を実装してきました。
XML-RPC
XML-RPC モジュールは XML-RPC 仕様を JavaScript コンポーネントとして実装します。
Xprint
Unix/Linux に向けた非常に進んだプリントモジュールで、自動プリンタおよびプリンタ機能ルックアップ、TrueType フォントサポート、国際印刷のサポート(含:アラブ文字、漢字、キリル文字、ギリシャ文字、ヘブライ文字、インド文字(デーバナーガリー文字、タミル文字 など)、ひらがな、ハングル、ポーランド文字、など)、そして MathML をサポートします。
XSL Transformations (XSLT)
TransforMiiX モジュールは、Mozilla に対応した XSLT コンポーネント、そしてスタンドアローンなコマンドラインツールを実装します。
検索
インターネット検索コン ポーネントは、単一/複数の検索エンジンからの(RDF を経由した)検索結果の統合を提供し、サイドバーの[Search]パネルで利用されます。
SQL サポート
SQL をサポートすることでリレーショナル・データベースのクエリー/アップデートを直接 JavaScript からサポートし、Mozilla UI との高い統合性を提供します。
Browser 基盤
Netlib (Necko)
netlib カーネル(別名:Necko)の主機能は、複数の物理的な転送(つまりファイルシステム、ネットワーク、など)と、プロトコルハンドラが使用する標準化さ れたストリーム分離層との間で効果的なデータパイプとして機能することです。netlib カーネル機構の主な三つの設計目標は、フットプリント、管理性、そして性能です。
New Layout (Gecko)
New Layout プロジェクトの目標は、性能と移植性を目指して設計された、速く、小型で、標準ベースのレイアウトエンジンを作成することです。
RDF
RDF または Resource Description Framework はメタ情報を表示するための W3C 標準 です。Mozilla では、電子メール、UseNet ニュース、サイトマップ、ブックマーク、そして閲覧履歴などの、あらゆるインターネットリソースに関する情報を統合し表示するために使用します。
XPCOM
オ ブジェクトを個別のコンポーネントに分ける際の私たちの Cross-Platform スキームです。
XUL
XML User Interface Language で、Mozilla のクロスプラットフォーム・ユーザインターフェースおよび XUL Runtime Engine (XRE) の基礎です。
XPConnect
XPConnect は XPCOM と JavaScript との間のバインディングを請け負います。
PyXPCOM
Python Cross-Platform COM (PyXPCOM) は、Python および XPCOM との間の ActiveState のバインディングを請け負います。
XPToolkit
XPToolkit デザインドキュメントはここにあります。このクロスプラットフォーム・ユーザインターフェイスという概念が、New Layout エンジンに、Web ブラウジング、スクリプティング・ユーザインターフェイス、アプリケーションロジックを提供します。
XPInstall
XPInstall は、クロスプラットフォームでのインストレーション、パッケージング、ソフトウェアの更新を行うテクノロジです。
XPNet
XPNet は、ネイティブのインストーラに使用される、クロスプラットフォームな軽量ダウンロードライブラリです。HTTP/1.1、FTP、中止・再開・キャンセ ル、HTTP プロキシに対応しています。
Footprint
完全に一人前のブラウザスイートとして、また、埋め込み可能なレイアウトエンジンとしても、Mozilla の実行時消費メモリを縮小するために進行中の開発作業に関する情報です。
国際化と地域化
国際化 (Internationalization = I18N)
国際化グループは、 Mozilla で多様な言語システムを扱えるようにするための責任を負っています。こ ちらのページ で、この分野における最近の活動について紹介しています。
地域化 (Localization = L10N)
多様な人々やグループが、Mozilla のユーザインターフェイスを自分たちの言語へ地域化する計画を立てています。こちらのページ には、Mozilla ブラウザ、Mail/News クライアントを地域化する方法が書いてあります。
BiDi
双方向テキストを可能にするプロジェクトです。この機能は、Mozilla がアラビア語やペルシャ語、ヘブライ語を表示できるようにします。
セキュリティプロジェクト
Mozilla には複数のセキュリティ関連のプロジェクトがあります:
オープンソース PKI プロジェクト
アメリカの輸出規制緩和の結果、現在 mozilla.org はセキュリティや暗号化コードをホストできるようになっています。オープンソース PKI プロジェクトには次のものが含まれます :
Network Security Services (NSS)
NSS は、セキュリティが有効なサーバアプリケーションのクロスプラットフォーム開発をサポートしています。NSS を使って制作されたアプリケーションは、PKCS #5、PKCS#7、PKCS #11、PKCS #12、S/MIME、TLS、SSL v2 および v3、X.509 v3 証明書、その他のセキュリティ標準をサポートできます。
Network Security Services for Java (JSS)
NSS によってサポートされるセキュリティ標準と暗号化技術の大部分をサポートする、NSS の Java インターフェースです。JSS は、ASN.1 タイプや BER/DER 暗号化のための、純粋な Java インターフェースも提供します。
Personal Security Manager (PSM)
PSM は、セキュリティが有効なクライアントアプリケーションのクロスプラットフォーム開発をサポートしています。PSM には、クライアントアプリケーションのために暗号化操作を実行する、(NSS の最上位にビルドされている)ライブラリとデーモンを含んでいます。こうした操作には、SSL 接続のセットアップ、オブジェクト署名と署名検証、証明書管理、その他一般的な PKI 機能が含まれます。
PKCS #11 適合試験
PKCS #11 実装をテストするために設計されたテストスイートです。
コンポーネントセキュリティ
コンポーネントセキュリティは、Mozilla コンポーネントへの Java/JavaScript セキュリティの追加をサポートします。主に、それらの言語からプログラムを利用可能にする可動式のコードとブラウザのインタフェースという分野で利用され ます。暗号化セキュリティプロジェクトについては、オープンソース PKI プロジェクト をご覧ください。
その他の Browser プロジェクト
Mozilla Firefox
Mozilla Firefox は Mozilla Navigator コンポーネントを再設計したものです。本プロジェクトの目標は、クロスプラットフォームかつ単独で動作可能なブラウザアプリケーションを製作することで す。
Access Mozilla
こちらはアクセシビリティプロジェクトの公式ページです。 Access Mozilla の目標は、アクセシビリティ (テキスト読み上げ、画面拡大鏡、高・低コントラストなテーマ、音声入力、仮想キーボード、点字ディスプレイサポートなど) を提供することです。インターネットに真の意味でシームレスなアクセシビリティソリューションを提供する初のプロジェクトです。ソリューションは、サード パーティ製のツールでも、拡張機能でも、埋め込みでも構いません。
ColorSync
ColorSync プロジェクトは、Apple Computer がスポンサーになっており、多様な表示条件を補う、ソースの HTML から目的のブラウザへ表示される色の管理を試みています。これは、ページを正しい色で意図されたように表示できるようにします。
パフォーマンス
Performance プロジェクトは、Mozilla を最速のブラウザにすることを目標にした多数の小さな機能や機能拡張も含んでいます。
Unix
Unix Front End です。GTK 1.1、Linux/glibc2 はリファレンス開発者向けプラットフォームです。その他の OS 向けのサポートや、ツールキットもあります。
ポー ト
さまざまなグループが、新しいプラットフォームやツールキットへの Mozilla の移植を計画しています。ポートのページには、よく知られている、すべての活動中の移植プロジェクトが載っています。
SilentDownload
SilentDownload は、ネットワークパフォーマンスを妨げることなく、ユーザのマシンにファイルがダウンロードされるようにする、バックグラウンド転送方法です。 SilentDownload は、ネットワークライブラリがビジーでない間にだけダウンロードすることで、これを実現しています。これによってユーザはある一定の時間にわたって大きな ファイルを「静かにダウンロード」し、ファイル転送が完了したときに通知を受けることができます。
Minimo
Minimo はコードサイズとフットプリントの削減に注力しているプロジェクトです。また Mozilla のコードを PDA のような小さなコンシューマ機器に移植しています。
Browser 以外のプロジェクト
Mozilla Thunderbird
Mozilla の Thunderbird メールクライアントは Mozilla メールコンポーネントを再デザインしたものです。目標は、XUL(XML User Interface Language)を使用した、独立して作動するクロスプラットフォームなメールアプリケーションを作成することです。
Calendar/Sunbird
Calendar プロジェクトは独立して動作するカレンダークライアント開発努力です。Sunbrid プロジェクトは Mozilla Calendar をベースにした独立して動作するクライアントを作製する目標を掲げています。
Penelope【訳注:英語】
Penelope プロジェクトは Eudora ユーザ経験を保持している間に Thunderbird と Mozilla プラットフォームに加えて Eudora メールクライアントをビルドする活動です。
Tamarin
Tamarin プロジェクトは ECMAScript 第4版 (ES4) 言語仕様の高性能の提供とオープンソース推進を追求します。
CCK
Client Customization Kit は、クライアントのカスタマイズと配布を簡単にするツールを提供します。
Directory (LDAP)
Directory のページ には、Java クラスライブラリソース、C SDK ライブラリソース、PerLDAP が含まれています。各ライブラリはそれぞれ、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)を経由したディレクトリサービスへのアクセスを提供します。このプロジェクトは LDAP ライブラリだけを扱っていて、Mail/News プロジェクトの LDAP アクセスは扱いません。
Mozilla 資料作成プロジェクト
Mozilla 資料作成は、Mozilla.org における、資料作成関連の問題についての中央情報センターです。
Mstone
Mstone テストスイートは、Mozilla で使われる様々なインターネットプロトコルの性能試験を可能にしています。これによって公式に配置される前の高負荷シミュレーション下でのサーバ(とその 上にビルドされているサービス)の性能テストが可能になります。現在のプロトコルテストは、SMTP、POP、IMAP、HTTP、WMAP (Netscape Messenger Express)です。
Rhino
Rhino は、ECMA スタンダードに準拠している JavaScript の Java 実装で、完全に Java で記述されています。
マーケティングプロジェクト
このマーケティングプロジェクトは、Mozilla プロジェクトによって開発される技術や製品のマーケティングを支援する多くのプロジェクトに対する包括的なプロジェクトです。誰でも参加できる機会がたく さんあります。
技術 啓蒙
Mozilla Technology Evangelism は、世界最高のインターネットクライアント技術として、積極的に Mozilla の普及を働きかけています。実施例の開発、ドキュメントの作成、一般教育の実施、Web サイト制作者と直接連絡を取っておこなう啓蒙活動といった mozilla.org コミュニティにおける作業を通じて、その使命を遂行しています。
JavaScript Debugging
JavaScript Debugging プロジェクトには、Netscape JavaScript エンジンのためのクロスプラットフォームデバッグサポート モジュール、JavaScript の Java ベース GUI デバッガ、JavaScript ログ収集ツール、コンソールデバッガが含まれます。XPFE/NGLayout Mozilla のための、JavaScript で記述された新しいデバッガに関する作業が始まっています。
DOM Inspector
DOM Inspector は、HTML、XML、XUL ドキュメントをデバッグ・編集できるツールです。
ElectricalFire
ElectricalFire は、Java コードの実行を高速化させるために JIT(Just In Time)コンパイル技術を使った Java Virtual Machine です。ElectricalFire は、最初から、高性能マシンのコードを生成し、多様なプロセッサ アーキテクチャへ移植できるように設計されています。
Grendel
1997年、Netscape は Navigator/Communicator を Java で書き直すプロジェクトに乗り出しました。このプロジェクトは終了前に中止されましたが、そのメール/ニュースコンポーネントはほとんど完成されていまし た。Grendel はその メール/ニュース クライアントです。最近、Grendel の作業が再開されました。
ツール
ブラウザ の他に、私たちは自前の開発ツールも公開しました。Bonsai は、CVS レポジトリの履歴を保存し、チェックインやログメッセージ、差分を表示します。Tinderbox は、私たちの自動連続ビルドマシンの経過を監視し、技術者たちにいつチェックインがビルドをブレークしたかを知らせます。Bugzilla は、私たちのオンライン・バグデータベースです。この Web インタフェースは、バグの登録や検索、報告、依存性グラフを表示することができます。
Mozbot
Web ベースの開発ツールに加えて、私たちは mozbot(modular IRC bot)も開発しました。
Browser ディストリビューション
Gecko レイアウトエンジンをベースとしたブラウザです。
その他
こ ちらのページには、私たちは知っているけれど、現在のところ Mozilla 自身の一部ではない、その他の Mozilla 関連のプロジェクトが載っています。