現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2012-23

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2012-23

タイトル: gfxImageSurface における不正な解放によるヒープ破壊
重要度: 最高
公開日: 2012/04/24
報告者: Atte Kettunen
影響を受ける製品: Firefox、Thunderbird、SeaMonkey

修正済みのバージョン: Firefox 12.0
  Firefox ESR 10.0.4
  Thunderbird 12.0
  Thunderbird ESR 10.0.4
  SeaMonkey 2.9

概要

不正な解放と潜在的なリモートコード実行につながる gfxImageSurface におけるヒープ破壊が、OUSPG のセキュリティ研究者 Atte Kettunen 氏による Address Sanitizer ツールを使った調査で発見されました。これは、グラフィックスの値が異なる数値のシステムから渡されることによる、浮動小数点エラーによって引き起こされる問題でした。

参考資料