現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2012-30

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2012-30

タイトル: textImage2D を使った WebGL コンテンツによるクラッシュ
重要度: 最高
公開日: 2012/04/24
報告者: Ms2ger
影響を受ける製品: Firefox、Thunderbird、SeaMonkey

修正済みのバージョン: Firefox 12.0
  Firefox ESR 10.0.4
  Thunderbird 12.0
  Thunderbird ESR 10.0.4
  SeaMonkey 2.9

概要

WebGL の任意のオブジェクト上で textImage2D の JSVAL_TO_OBJECT を使った場合に、画像のレンダリングに問題が生じることが、Mozilla コミュニティメンバーの Ms2ger 氏によって発見されました。この問題は悪意を持って作成された Web ページ上でのクラッシュにつながる可能性がありました。これを直接悪用できるような痕跡は見つかっていませんが、リモートコードの実行につながる恐れはありました。

参考資料