現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2015-36

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2015-36

タイトル: WebRTC における簡易型配列の誤ったメモリ管理
重要度:
公開日: 2015/03/31
報告者: Mitchell Harper
影響を受ける製品: Firefox、SeaMonkey

修正済みのバージョン: Firefox 37
  SeaMonkey 2.35

概要

WebRTC における簡易型配列の誤ったメモリ管理が、セキュリティ研究者の Mitchell Harper 氏による Valgrind を使った調査で発見されました。これは定義されていない挙動で、理論的には危険なもののこの場合には安全とみなされる問題でした。

参考資料