現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2016-19

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2016-19

タイトル: Intel ドライバによる Linux 上のビデオメモリ DOS
重要度:
公開日: 2016/03/08
報告者: Ucha Gobejishvili
影響を受ける製品: Firefox、Thunderbird

修正済みのバージョン: Firefox 45
  Thunderbird 45

概要

ビデオメモリから異常に大容量のバッファ割当を必要とする、Canvas 内での特定の WebGL 操作を行った際に生じるサービス妨害 (DOS) 攻撃が、セキュリティ研究者の Ucha Gobejishvili 氏によって報告されました。これは一部の Intel ビデオカードにおいてメモリリソースの枯渇につながり、機能を回復するためにコンピュータの再起動が必要となります。この問題は、グラフィックス処理中のメモリ割り当て量の確認を追加することで解決されました。

この問題が発生するのは Linux 上での一部の Intel ドライバに限られます。他の OS は影響を受けません。

Thunderbird では JavaScript が初期設定で無効になっているため、一般的にメールを通じたこれらの脆弱性の悪用は不可能です。ただし、ブラウザもしくはブラウザに類似した機能を利用した場合、潜在的なリスクが生じます。

参考資料