現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2016-36

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2016-36

タイトル: NSS における DER エンコード使用キー処理中の解放後使用
重要度:
公開日: 2016/03/08
報告者: Tim Taubert
影響を受ける製品: Firefox、Firefox ESR、Thunderbird、NSS

修正済みのバージョン: Firefox 45
  Firefox ESR 38.8
  Thunderbird 45
  Thunderbird 38.8
  NSS 3.21.1
  NSS 3.19.2.4

概要

Network Security Services (NSS) ライブラリにおける、DER エンコードが用いられたキーの処理中に生じる解放後使用の脆弱性が、Mozilla 開発者の Tim Taubert による Address Sanitizer ツールとソフトウェアファジングを使った調査で発見されました。この脆弱性では開放されたメモリがゼロで上書きされていました。この問題は Firefox 45 に同梱されている NSS 3.21.1 で修正されました。

参考資料