現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2010-07

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2010-07

タイトル: 潜在的に悪用可能なクラッシュ修正の旧版ブランチへの移植
重要度:
公開日: 2010/03/17
報告者: Mozilla の開発者とコミュニティ
影響を受ける製品: Thunderbird、SeaMonkey

修正済みのバージョン: Thunderbird 2.0.0.24
  SeaMonkey 1.1.19

概要

Mozilla の開発者が、より新しい Mozilla 製品で対応されたメモリ安全性問題の修正パッチを Mozilla 1.8.1 ブランチへ移植しました。これにより、Thunderbird 2 および SeaMonkey 1.1 でも修正が完了しました。

参考資料

SSPI 認証を使用して Windows Vista や Windows 7 で Active Directory へ参加した際に発生するクラッシュが、Paul Fisher 氏によって報告されました。

添付ファイル付きの一部メッセージが索引化される際に発生するクラッシュが、Ludovic Hirlimann 氏によって報告されました。

JavaScript エンジンのクラッシュが Carsten Book によって報告されました。

Mac 以外のプラットフォームで使用されている BinHex デコーダのクラッシュが Josh Soref 氏によって報告されました。

base64 デコード関数における整数オーバーフローが monarch2000 氏によって報告されました。