現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2014-35

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2014-35

タイトル: Mozilla Maintenance Service インストーラを通じた特権昇格
重要度:
公開日: 2014/04/29
報告者: Ash
影響を受ける製品: Firefox

修正済みのバージョン: Firefox 29
  Firefox ESR 24.5

概要

Windows システム上の Mozilla Maintenance Service に影響する問題が、セキュリティ研究者の Ash 氏によって報告されました。Mozilla Maintenance Service のインストーラは、更新プロセス中に作成したユーザが書き込み可能な一時ディレクトリに書き込みを行います。更新プロセス中に悪質な DLL ファイルがこのディレクトリに置かれた場合、それらの DLL が Mozilla Maintenance Service の特権を通じ特権付きコンテキストで実行される可能性があり、ローカル特権昇格を許す恐れがありました。

これは Linux や OS X には影響しない、Windows 限定の問題です。

参考資料