現在地: セキュリティセンター > Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ > MFSA 2015-76

Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2015-76

タイトル: Wi-Fi ダイレクトシステムメッセージが許可設定を必要としない
重要度:
公開日: 2015/08/06
報告者: Paul Theriault
影響を受ける製品: Firefox OS

修正済みのバージョン: Firefox OS 2.2

概要

Wi-Fi 関連のシステムメッセージが「wifi-manage」許可設定を持ったアプリに限定されていないというプライバシー問題が、Mozilla スタッフの Paul Theriault によって発見されました。結果として、特権を持たないアプリでもそれらのメッセージを受け取ることが可能となっており、特定のまれな状況において脆弱な Firefox OS 端末からわずかな情報が抜き取られる恐れがありました。

参考資料